保育内容

園長からのごあいさつ

少子高齢化や人口の減少、深刻な経済不安、さらには近年の家族形態・就労形態の変化など、様々な要因から、地域の児童福祉が大きな変化を余儀なくされている現在、地域社会の活力源帯に歯止めをかけ、明るく住み良い社会にしていくためには地域の子どもたちが健全に成長できる環境がなくてはなりません。
私達はこの保育所を設立することで、子どもたちが健やかに、伸び伸びと成長していける環境、そして、働く女性たちが安心して子どもを育てていける、また、子どもを産み育てていきたいと思える環境を作っていきたいと考えています。

保育理念

世界で一番幸せな
子どもたちを育む環境をつくる。
それが私たちの保育です。

保育方針

■ユニバーサルデザインの保育
子どもはできないのではなく、やり方がわからないだけである。
私たちは「どの子にもわかる環境」を目指します。

■“みんなちがってみんないい”の心
ひとりひとりの個性を受け止めて個性を伸ばす。
私たちは、様々な子どもたちに対し、「それぞれに必要な支援ができる環境」を目指します。
■ユニバーサルデザインの保育
子どもはできないのではなく、やり方がわからないだけである。
私たちは「どの子にもわかる環境」を目指します。

■“みんなちがってみんないい”の心
ひとりひとりの個性を受け止めて個性を伸ばす。
私たちは、様々な子どもたちに対し、「それぞれに必要な支援ができる環境」を目指します。

保育目標

  • <<コーナー保育>>
    個やグループが遊びに集中できて、保育者が全体を見渡せるよう、適切に仕切った環境
  • <<チーム保育>>
    子どもの発達や興味に合わせて、グループや少人数で活動できる環境
  • <<異年齢保育>>
    日常生活を同年齢だけではなく異年齢との縦の繋がりで過ごす、刺激と学びのある環境
  • <<地域の中の子育て>>
    地域の方を巻き込んだ活動や地域行事への参加。 地域の方にも自分たちは愛されているという想いが実感できる環境
<<コーナー保育>>
個やグループが遊びに集中できて、保育者が全体を見渡せるよう、適切に仕切った環境
<<チーム保育>>
子どもの発達や興味に合わせて、グループや少人数で活動できる環境
<<異年齢保育>>
日常生活を同年齢だけではなく異年齢との縦の繋がりで過ごす、刺激と学びのある環境
<<地域の中の子育て>>
地域の方を巻き込んだ活動や地域行事への参加。 地域の方にも自分たちは愛されているという想いが実感できる環境